不動産物件と地震対策などの効果の判断

不動産関係のトラブルでは、大きなニュースとして、基礎工事の話題がありました。
出来上がってから見つかるということなので、借りたり、購入したりする側としては判断がつきませんが、日本の場合は地震大国ですし、その他の災害も多いので、命に係わる問題ということになります。
その場合賃貸では期間が短いので心配ないとは言えません。
1日でも住むとなると、その時に地震が起こるかもしれないからです。
東北の大震災でも千年に一度のはずが、その一度が起こってしまったということになります。
そうなると、あとは住んでいる期間できるだけ安全に住める物件を購入するなり、借りるなりする必要があるという結論になります。
他の条件がどれほど良くても、命の心配をする建物では、住む意味がありません。
ですので、まずは地震対策がどのくらいで着ていて、いざという時に、どのくらい守ってもらえる住まいなのかを、住む前に確認をしておく必要があります。
命あっての物種ということになります。